廃熱回収ボイラの設置が省エネルギーに貢献

近頃温暖化や、燃料の値段の高騰の問題は、地球全体の規模で課された問題として大きな注目を集めてきています。
このような状況の中で、エネルギーを消費する人にとって1番重要なことは、無駄を省いて、エネルギーの効率を1番大きな形にすることになります。

熱回収の情報を公開しているサイトです。

省エネルギーをもっと進めた利用していなかったり、回収していなかったりいるエネルギーを活用できるようにすることを推進して、実行することが、エネルギーを消費する人に課せられている義務でもあります。
廃熱回収をする熱回収ボイラを提供することも省エネルギーの活動の一環となります。



近頃の特徴は、東日本大震災が起きてから、電力が供給されなくなる不安感から、コージェネレーションに使われる廃熱ボイラの需要が高まってきている上に、工場廃熱を活用した蒸気回収ボイラに対する需要も高まってきています。

工場の廃熱には、焼却炉、熱処理炉、乾燥炉など色々な廃熱が存在していて、廃ガスの性質も同じではありません。このような状況の中で、その現場それぞれの1番適している廃熱回収について提案できるということが重要になります。
近頃の燃料の値段が高騰している事実と、二酸化炭素の発生する量を削減する必要があること、改正された省エネ法に対応することなど、企業が置かれている環境の変化に応じて工業炉などから排出されている熱エネルギーを有効に活用する手段として、廃熱回収ボイラを設置することが良い方法の1つとなります。