熱回収をすることで得られるメリット

熱回収は、燃やせるゴミなどを焼却して処分するときに生まれる熱エネルギーを回収して、再び利用する技術のことになります。

主に製品プラスチックなど、原料が混合されているので、リサイクルができないようなゴミに対して行なわれることになります。

そして、回収した熱エネルギーは、発電や、温水の熱源、エコセメントなどとして利用されることになります。

熱回収の情報を多数ご用意したサイトです。

熱回収を行なうメリットは、分別することが難しいゴミを処理できることや、処理するときに生じた熱エネルギーを無駄にしなくて済むということが挙げられます。



そして、ゴミ処理施設が分別が難しいゴミも受け入れやすくなるということや、埋め立ててゴミを処分するよりも、焼却処分をして熱回収をした方が処分にかかるコストが抑えられて埋め立てるスペースを節約できるということもメリットとして挙げることができます。
その一方で、デメリットとして挙げられることは、ゴミを焼却処分することによって、ダイオキシンなどといった有害な物質が発生することになります。



ですが、このデメリットは、高温で焼却することによりダイオキシンが発生しないようにする方法も見つかっていて、このデメリットは解消されつつあるということができます。


ですので、近頃ではメリットが多いため、一般的に活用されるようになっています。また、熱回収はサーマルリサイクルと呼ばれることがありますが、この言葉は和製英語で、英語圏の国ではサーマルリカバリーといっています。